• ホーム
  •  > ネックウォーマーの作り方

ネックウォーマーの作り方

ネックウォーマーの作り方

フリースなどで簡単に作れる、ネックウォーマーの作り方をご紹介します。
2重仕立てで暖かく、伸ばすと目の下まで隠れる大きさなので、顔の防寒にもなります。
出来上がりサイズは(平置き)縦約20cm/横約25cm、大人・男女兼用です。
ミシンでも、手縫いでも、簡単に作れますので、洋裁初心者の方も是非作ってみて下さい。

使用する布地は、テンション底のニット地がおすすめです。(天竺、フリース、ジャガードニットなど)

ネックウォーマーの作り方1、生地を裁断。

布地を、縦42cm/横53cmの長方形に裁断。この時、横に生地が伸びる方向を合わせて下さい。

ネックウォーマーの作り方2、縦方向を縫い合わせる。

中表に2つ折りし、A辺とB辺を縫代1cmで、直線縫い。この時、最後に表に返す穴として、上から5cm位のところから7cm程、縫わないようにする。縫い止まりは返し縫い。縫代は割っておく。

ネックウォーマーの作り方3.横方向を縫う準備をする。

C辺とD辺を縫う準備をします。写真のように折り、2の縫い目同士を中表に合わせてください。内側の生地は縫い込まないように折っておく。

ネックウォーマーの作り方4、横方向を縫い合わせる。

3で準備したC/D辺にミシンをかけます。内側の生地を縫い込まないように注意しながら、少し縫っては、内側から生地を引き出して、1周ぐるっと縫う。
※この部分は縫い目に伸縮性が必要ですので、ニット用の伸びる糸(レジロン)で縫うか、普通糸ならジグザグ縫いにする。

ネックウォーマーの作り方5、全体を表に返し、返し口の穴をはしご縫いで塞ぐ。

初めに開けておいた穴から、全体を表に返し、穴をはしご縫いで塞ぐ。手縫い部分を内側に、CD辺の縫い目を下端にして、アイロンで形を整えたら完成。

※AB辺の縫い目が、表と裏でずれたり、せっかく割った縫代がアイロンで片側に寄るのが気になる方は、外側の縫い目と内側の縫い目に針が通るようにして、目立たないように波縫いしておくといいですよ。

商品カテゴリーから探す
商品グループから探す
読むコンテンツ
無料レシピ
ショップガイド
プロフィール
店長の写真

TANAKA TOMOMI

服飾専門学校を卒業後、アパレル企業で約12年間の勤務を経て、2006年にこのショップをオープンしました。
「楽に作って、楽に着られる」をコンセプトに、縫いやすい型紙、わかりやすい仕様書、着心地の良いパターンを提案していきたいと思っています。

営業カレンダー
5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

営業時間:10:00〜16:00
休業日:オレンジ色の日

※ご注文に関するメールは、営業時間外でも可能な限り対応しています。

※休業日の出荷はお休みさせていただきます。


TOP